食べ始めると止まらないお菓子

食べ始めると止まらないお菓子

今日もまた、ネット通販でお菓子を買いました。

 

先ほどクリックしたので、明日の夕方頃は到着するでしょうか?

 

「やめられない・ ・ ・止まらない・ ・ 」とは、かっぱえびせんのCMだったと思うのですが、そのような食べ始めると何時までも食べているお菓子というのは、最近は少なくなったように思うのです。

 

 

 

というより、お菓子のデコレーションの幅が広がり、奇抜なスタイルが多くなったことから、 「一口目は美味しいが、長く食べ続けるにはちょっと・ ・ ・ 」というお菓子が増えたように思うのです。

 

 

 

長時間食べ続けてしまうというのは、お菓子の基本であるポテトチップスの塩味が最も多いような気がします。

 

ランチバイキングってお得かな geocities.jp/karasuyama_0708/

 

私は、スナック菓子メーカーの大半の「ポテトチップス塩味」を食べ比べていますが、やはり最大手のカルビーがリードしているように思います。

 

 

 

最近は、日本各地の地元のスナック菓子がネットで話題になり、通販で買うことができますが、私が買ってみた何種類かは70点くらいの美味しさでした。

 

油で揚げる製法とか、パリパリ感とか、簡単なようで大企業にしかない技術力が違ってくるように思うのです。

 

 

 

先ほど、購入決定ボタンを「ポチッ・ ・ ・ 」としてしまったのは、カルビーの地域限定ポテトチップスです。

 

自分の住んでる地域以外には別の味のポテトチップスが売られているのです。

家庭菜園にはまる

 

自宅で野菜を作ることができたら子供の食育につながるし、自分で作った野菜をおいしく楽しく食べることができると思いベランダで簡単な野菜を作ることにしました。

 

今作っているのは、ベビーリーフ、小松菜、ミニトマト、わけぎ、ナス、ピーマン、バジルを栽培中です。

 

 

 

害虫の駆除とか世話は大変ですが、手をかけた分だけ愛情もわいて食べるときにもおいしくいただけます。

 

スーパーで買ったものとは違い、野菜の甘みや柔らかさ、香りなどがとてもいいです。

 

毎日新鮮なものを好きな分だけ食べることができるというのは幸せなことだと思います。

 

 

 

子供も毎日何を採ろうかと楽しみにしているようです。

 

子供でも教えれば簡単に摂る事ができる野菜たちなので、子供が楽しんで手伝えるよう日課にしています。

 

子供は葉物野菜がちょっと苦手でしたが、家で作っているベビーリーフや小松菜はよく食べています。

 

 

 

やはり味も食感も違うようでおいしいと言って食べています。

 

夫や母にも好評でたくさん摂れた時は、おすそ分けしながらみんなでおいしく食べるようにしています。

 

もっと色々と作ってみたいところですが、ベランダを占領してしまうのと手間もその分かかってしまうので、もう少しの間今のまま作って楽しもうと思います。

代謝のいい人がうらやましい

 

お昼ごはんを子どもたちと一緒に食べた後のことです。

 

娘が「暑い暑い!!」と顔を真っ赤にして汗をだらだらかくんですね。

 

いつも思うのですが、子どもたちって代謝がいいのですよ。

 

 

 

『食事を摂る』という行動をしただけで、その後、体がカロリーを使って勝手に燃え出すのですから。

 

なんともうらやましい体です。

 

私が代謝が悪すぎるんですね。

 

もともと低い基礎代謝が、年とともにさらに下がってきているのを実感します。

 

 

 

そのせいで、今までどおりの生活をしていても、年々腰まわりがちびちびと成長しています。

 

わき腹をわざとちょっとだけつまんで、「かるくヤバイね」と私が言うと、家族みなが、「いやいや、もっとつまめるやろ!」と、ご丁寧に突っ込んでくれます。

 

同じ動きをしてもだらだら汗をかく人がいますが、私は汗などにじみもしません。

 

 

 

ちなみに夫も代謝がいいほうです。

 

夫はお風呂に入っても、足をお湯に入れたと同時に顔から汗が滝のようにダラダラ流れ落ちてきます。

 

私の場合はというと、湯船に肩まで浸かっていても、涼しい顔です。

 

体が温まってきて熱くなっても、ぜんぜん汗が出てこないんです。

 

 

 

一時間も浸かっていれば、おでこがじわっと汗ばむ程度でしょうか。

 

きつい運動をせずに、代謝が良くなる方法はないかなと思っています。